夏に行う結婚式の魅力

夏の結婚式の魅力としてまず挙げられるのは、夏ならではのテーマを結婚式に設定できることです。例えば海・水・リゾート・お祭りなどのテーマがよく見られます。また。夏は晴れの日が多いため、結婚式当日に晴天に恵まれやすい点も魅力と言えます。晴れで気分が盛り上がるとともに、晴天であれば公共交通機関の乱れや足元のぬかるみなども発生しにくいため、ゲストがスムーズに結婚式場にアクセスしやすいこともポイントです。そのほか、「ジューンブライド」として人気の6月を過ぎたタイミングであるため、結婚式のための会場予約がとりやすいことも魅力の1つ。式場予約が混雑しやすい時期は自分の希望する日取りの予約をとることは簡単ではありませんが、夏は繁忙期から少しずれた季節なので、希望日を確保しやすいのです。

夏の結婚式の暑さ対策

夏の結婚式は暑さにどのように対処するかがポイントです。例えばゲストが暑い中の移動で大量の汗をかくことがないよう、シャトルバスなど移動手段を用意する方法があります。また、会場に到着したゲストが取り敢えず喉の渇きを潤せるようにウェルカムドリンクを用意するのもおすすめです。ゲストはドリンクを楽しみながら一息つけます。また、結婚式の装飾や小物を涼し気なものにするのも1つ。青・水色などの寒色を使ったり、爽やかな白を使ったりすれば、夏らしいイメージにもできますね。そのほか、会場内にゲストが気軽に使える暑さ対策グッズを準備しておくと喜ばれそうです。例えば冷感シートや冷たいおしぼりなどがあればすぐに汗を拭けるでしょう。うちわや扇子など、仰ぐアイテムも良いですね。

結婚式を安くするには、例えば日程を数年先にする、逆に直前の挙式にして割引を受ける方法があります。また、申し込みから数か月先の挙式であっても、六曜で仏滅を選ぶと安くなる会場もあります。