春に結婚式を挙げるメリット

春は新しい門出にもふさわしい季節ですので、結婚式を挙げる人も多いです。気候が良く暑すぎず・寒すぎない気温は、服装選びにも困らないためウェディングドレスの選択肢を増やせます。
草花が芽吹いてくる季節ですので、装花やブーケなどを華やかにすることもできます。季節の良い5月になると費用は嵩んでいきますが、春先の3・4月であればハイシーズンに比べて、比較的費用を抑えながら結婚式を挙げることが可能です。
学校や仕事関係で忙しくなる時期でもあるため日程の配慮は必要となってきますが、忙しい時期を避ける、花粉症のことを考えてガーデンウェディングなどは行わないなどデメリットを避ければ、十分に魅力的な結婚式を行えます。

季節感を取り入れた演出

せっかく春に結婚式をするのであれば、季節感を存分に取り入れた演出をすることで印象深い結婚式につながります。簡単にできる企画や演出としては会場全体を春らしいパステルカラーにすることが、視覚的にも華やかで可愛らしい印象を作れます。会場やテーブルをパステルカラーにコーディネートするだけではなく、招待状・席札などの細かいところも色をすることで統一感を出せます。 盛り上がれる春ならではの企画としては、春の果物を色々入れた大きな器に新郎新婦がシャンパンを入れてフルーツポンチにして大人のゲストに振る舞ったり、ゲスト参加型のものが良い場合には、春の果物と大きな瓶、氷砂糖とお酒を用意して果実酒をみんなで作るのも良い思い出となります。

結婚式を格安で挙げるためには予算配分にメリハリをつけたり、人気の時期や時間を避けたりする工夫が重要になります。